歯科医師として求める人物像

歯科医師長岡先生

未知の分野へのチャレンジ

父親も歯科医院を開業していたこともあり、子どものころから歯科医師になることを想像していました。
神奈川歯科大学を卒業後、多くの経験と知識を習得したいと思い、まずは大学病院へ勤務、その後、地域の歯科医院へ転職しました。
そして、一般的な歯科治療につて学ぶ中で、やったことがない、知らない分野を勉強したいな、と思うようになり、大学では習ってこなかった分野の訪問歯科や摂食嚥下に興味を持ちました。

あるご縁で湘南食サポート歯科へ見学する機会をいただき、当院の三幣理事長にお逢いしました。
三幣理事長のお人柄、訪問歯科診療への想い、経営理念や患者さんへの接する心構えや組織の在り方など、いろいろとお伺いするうちに、わくわくする気持ちが芽生えて、就職を決意することにしました。

大変ですが、ものすごくやりがいを感じています!

訪問歯科の仕事ははっきりいってとても大変です!(笑)

初めての訪問歯科は、外来診療とは全く異なり、診療だけでなく、様々な事務作業や、他の先生方や歯科衛生士さんとのやり取りがたくさんあります。
例えば、訪問先の患者予約の管理、カルテ書きやその他事務作業、患者さんや施設とのやりとり、歯科医師間での情報共有や翌日の訪問先について歯科衛生士さんとのミーティングなどなど盛りだくさんです。

診療についても、診療させていただいている高齢者の方への処置も認知症や様々な疾患、コミュニケーションが取れない方など一筋縄ではいきません。

高齢者の皆様を始め、ご家族様、施設のスタッフさんとのコミュニケーションが大切であり、とても難しいところであると同時にやりがいを感じています。
また歯科衛生士さんたちが最前線で調整や信頼関係の構築など、頑張ってくれているので本当に助かっています。

私は自分の役割をしっかりとできるよう、技術を高めていきながら、チーム全体をサポートできる体制を作っている途中です。

入社して半年が経過しますが、まだまだ勉強したいことがたくさんあり、摂食嚥下や診療の技術と知識だけではなく、信頼関係の構築スキルや高齢者の皆様との接し方などのコミュニケーションスキルを新鮮に感じる部分があり、将来的には総合的な力につなげたいと思っています。

ポジティブな先生と一緒に

明るく朗らかで優しい先生、そして、私たちと一緒にポジティブに切磋琢磨していただける先生と一緒に仕事をしたいと思っています!