嚥下検査

嚥下検査とは

嚥下とはお口から取り込んだ水分や食べ物を、飲み込むことです。嚥下検査には下記のような様々な方法があります。

  • 問診
  • 視診および触診
  • 嚥下障害のスクリーニング検査
  • 嚥下造影検査
    • 喉頭挙上検査
    • 改訂水飲みテスト
    • 反復唾液嚥下テスト
    • 頚部聴診法
  • 嚥下内視鏡検査(VE検査)

嚥下内視鏡検査(VE検査)

鼻から約3mmの内視鏡を入れた状態で、食物を口から食べていただき、食物の咬みぐあいや混ぜぐあい、飲み込みの様子を観察します。
検査の内容は録画してあり、検査終了後により詳細な所見のご説明や、お口から食べるためのプログラム(口腔リハビリ)の方法を決めるのに役立ちます。