荒田さんの場合

職種医療事務

様々な仕事を経験して、訪問歯科が私の仕事だと思いました

社会人になってから、様々な仕事を経験しました。

主に接客業を中心に、食品販売、野球スタジアムでのグッズ販売などを経て、医療関係の営業事務として就職しました。

当時、初めての医療関係ではありましたが、とても興味深く、たくさんのことを勉強しました。
そして、「もっと医療現場でお仕事がしたい」と思うようになり、医療の中でも訪問歯科診療を行っている歯科医院さんへ就職しました。

そこでは、経理、総務、人事などのバックヤードの仕事もさせていただきました。

医院も小さかったので、スタッフの皆様、患者さまともたくさんお話しさせていただき、より現場を知ることができ、さらに医療業界へ興味がわいてきました。

その後、医療現場でのやりがいをもとめて、内科の医療事務、総合病院の受付、薬局事務なども経験した結果、「やっぱり訪問歯科がたのしい!」と思い、湘南食サポート歯科へ就職しました。

最初から作る楽しさと継続するための地盤作りに貢献したい

私は湘南食サポート歯科のオープニングスタッフとして就職いたしました。

以前勤めていました訪問歯科クリニックもオープニングスタッフとして約3年務めさせていただいた経緯もあり、クリニックをイチから作ること、地盤を作っていく過程の大変さや、楽しさをもう一度経験したいと思い、当時オープニングスタッフを募集していました湘南食サポート歯科へ応募し、就職いたしました。

最初は「湘南食サポート歯科」ときいて「とっても変わっている名前・・・」とおもいましたが、訪問歯科をしているクリニックだとわかりやすくていい名前だと最近は思い、愛着を持っています。

就職して2年が経過しますが、以前勤めていたクリニックよりも歯科医師、歯科衛生士の人数、そして患者さんや係るご家族や施設の方などの人数も多く、日々の業務をこなすことに精いっぱいです。

まだまだ地盤を固めるには時間が必要ですが、患者さんやご家族のみなさまからの「ありがとう」というお言葉をいただくことも多く、日々、やりがいをもってお仕事をさせていただいています。

やりたいこととプライベートが両立できる理想の職場です

湘南食サポート歯科では、一般的な口腔内のクリーニングや歯科治療の他に、摂食嚥下リハビリテーションや嚥下内視鏡など、私にとっては初めて知る治療方法などがたくさんありました。

そして、多くの患者さんが「食べれるようになって嬉しい」「食事の時間が楽しくなった」というお声も多く聞くことができ、とてもうれしい気持ちになりますし、勉強になっています。

また、私がやりたかったレセプト(医療報酬請求業務)業務にたずさわることもでき、日々勉強をしながらやりがいをもってお仕事をさせていただいています。

レセプトを勉強する上で、現場の診療内容について歯科医師の先生や歯科衛生士さんたちとたくさんお話しすることで、より適正は医療請求ができるよう努力したいと思っています。

また、就業時間についてもほとんど定時で帰宅することができているので、プライベートとの両立もできています。

また、患者さん、ご家族の皆様、そして施設の方などと、まだまだすべての方にお会いできていませんが、これからは皆様とお会いしてお話しすることで、顔の見える関係をしっかりと構築して、請求内容、契約内容、また日々のお困りごとなどを安心してクリニックにお電話していただける環境を作り、現場で働く皆様の縁の下の力持ちとなれるよう頑張りたいと思います。