食サポBlog

口腔ケアと誤嚥性肺炎の予防

藤沢市本藤沢にある歯科訪問診療を中心に行っている湘南食サポート歯科事務局の片山です。

湘南食サポート歯科は藤沢市、茅ケ崎市、鎌倉市、そして横浜市南部の高齢者施設や居宅にお住まいで、お1人での通院が困難な方たちに対して歯科訪問診療を行っております。


食サポ通信はこれまで毎週1回、歯科や介護に関連する情報を藤沢市の事業者様を中心に発信してきました。
今回の食サポ通信より発信エリアを少し拡大して、横浜市南部、そして鎌倉市、茅ケ崎市の事業者様にも行わせていただいております。


エリア拡大版食サポ通信の第1回目は口腔ケアと誤嚥性肺炎の予防をテーマにご紹介させていただきます。


肺炎が悪性新生物(がん)や、心疾患に次いで日本人の死因の第3位ということをご存知でしょうか。
そして80歳以上のご高齢者の方達に於いて肺炎は死亡原因の第1位になっています。

がんや心臓病を居宅や介護施設で減らすことは難しいと思いますが、肺炎は 居宅や介護施設で明確に減らすことのできる疾病です。

肺炎が原因で亡くなる65歳以上のご高齢者のうち、96%が誤嚥性肺炎によるものというデータもあり、ご高齢者の肺炎イコール誤嚥性肺炎と捉えることが出来ると思います。

誤嚥性肺炎とは、食道を通じて胃に送られる食べ物やだ液が、空気をおくる気道を通じて肺に入ることで起きる要因という理解が一般的だと思います。


日々の適切な口腔ケアで誤嚥性肺炎を減らすことが出来るというのは、現在では一般的に言われる様になりましたが、これは10年前では非常に革新的な考えでした。
日常的に行われている口腔ケアは、お口の中を清潔にすることでだ液を綺麗にして、汚れただ液を肺に侵入させないことを目的としていますが、それ以外にも誤嚥性肺炎の予防に効果のある口腔 ケアがあることを皆さんはご存知でしょうか?    

それは「食べること」、「しゃべること」、「笑うこと」、「歌うこと」です。

この様な普段何気なく行っているお口の動きが最高の誤嚥性肺炎を防ぐ口腔ケアの1つとなります。

皆様の近くにいらっしゃるご高齢者の方達と一緒に「食べて」、「しゃべって」、「笑って」、「歌って」楽しく誤嚥性肺炎を防いでくださいね!


次回の食サポ通信は藤沢市用田でご開業されているココロまち診療所の片岡侑史先生に「お口から食べること」をテーマに食サポ通信をご執筆いただきます。

今後もココロまち診療所の片岡侑史先生以外にも高齢者医療や介護に関連する様々なご専門家の方たちに食サポ通信を執筆いただき地域の皆様にご案内させていただきたいと思います。


ベッドサイドでのVEを使用しての嚥下機能評価と口腔リハビリテーション、 そして歯科衛生士による日常の口腔ケアの方法などの保健指導、義歯の調整など一般的な歯科訪問診療でお困りの方がいらっしゃいましたら是非湘南食サポート歯科までお気軽にご相談ください。


———————————–
医療法人社団若葉会  湘南食サポート歯科
〒251-0875 神奈川県藤沢市本藤沢1丁目10−14
TEL 0466-84-2000
URL https://sss-dental.jp/
———————————–