食サポBlog

秋の脱水

こんにちは湘南食サポート歯科 事務局の片山です。


最近はすっかりと秋めいてきて朝晩の寒暖差が激しくなってきていますが、皆様はご体調を崩されていないでしょうか?


夏と比べて過ごしやすいこの季節は、ご高齢者の方たちにとって脱水を起こしやすい第2のピークシーズンとなることをご存知でしたか?


今回の食サポ通信では、脱水に関してご紹介をさせていただきたいと思います。


人間が生きていくうえで必要な水分量は季節を問わず、年間を通じて変わらないと言われています。


人間の水分量は、子どもで体重の70%、成人であれば60%、そしてご高齢者の方では50%と言われています。


この為、水分量が少ないご高齢者の方の場合、汗をかくだけでも脱水になりやすいのです。


夏には積極的に水分の摂取を心がけていても、暑さの和らいだ秋には安心をしてしまい、夏の間に気遣っていた水分摂取への関心が薄らいでしまいがちです。


認知症の方の場合は、水分摂取の必要性を認識出来なかったり、ご自身からのご希望がなかったり、脱水のご状態に気付けないということがあります。


糖尿病や高血圧症などの持病がある場合や、低栄養が疑われたりする方の場合には、隠れ脱水になっている可能性がありますので、ご注意ください。

  • 食欲が低下している
  • 元気がない
  • 傾眠がちになる


普段の生活と比べ、この様な状態の変化が見られたた場合には、脱水を 疑ってみてください。これらの症状があるからといってそれがすぐに脱水となるわけではありませんが、普段のご様子と見比べていただくことで脱水を防げると思います。


他に脱水の状態の際に体に現れる主な症状としては

  • 尿、だ液量の減少
  • 便秘
  • 微熱が続く
  • お口の中や脇の下が乾いている
  • 汗をかかない
  • 体重が減少した


などがあります。


これらの症状が見られた場合には、水分補給を促してください。脱水の症状が介護を行っている方たちの目に見える様になった時には既に脱水の状態がかなり進んでしまっていることが想像されますので、そうならないように目を配る必要があります。


過ごしやすくなった今の季節だからこそ、こまめな水分補給を心がけて脱水を防いで健やかにお過ごしいただきましょう。


ご質問やお困りごとがありましたら、湘南食サポート歯科までお気軽にご相談ください。



———————————–
医療法人社団若葉会  湘南食サポート歯科
〒251-0875 神奈川県藤沢市本藤沢1丁目10−14
TEL 0466-84-2000
URL https://sss-dental.jp/
———————————–